セレモニースタッフ 笹井 静

「お客様からの”ありがとう”を大切に。」

親が葬儀の仕事をしていたこともあり、自然と葬儀の世界に飛び込んでいました。ただ、入社して最初の頃は何もわからず、仕事をこなすことで精一杯、何が正解で何か不正解かも理解できず、不安な毎日を過ごしていました。今でも私なりに努力しているつもりでも、何かが足りず指摘を受けることがあり、落ち込むこともあります。最近では担当者として、お客様の前に立つことも増えてきましたが、お客様は不安にならないのか、プレッシャーに弱い私がお客様にとってたった一度の大切なご葬儀をお手伝いさせていただいても良いのかと、とても不安に感じることもあります。しかし、ホールやご自宅で最後のご挨拶をする際や、その他様々な場面で、担当させていただいたお客様から「ありがとうございました。」と笑顔でお言葉を頂けた時、そんな悩みや不安は消えてしまいます。また、自分の不安や悩みを聞いてくださる、諸先輩方の存在は本当に大きいです。諸先輩方の存在、そしてお客様からの「ありがとう」があるからこそ、自然と葬儀の世界に飛び込んだ私でも、この仕事に責任と誇りを持ち、お客様の前に立ち続けられていると思います。これからも”ひとつでも心の引き出しに残るお葬式”をご提供できるように努力し続けたいと思います。