セレモニースタッフ 宮井 佑典

「本当のありがとう」

私は大阪南部で生まれ育ち、就職した会社は地元の工場でした。そこでは金属をひたすら削り続け、無感情でも行える作業を行う日々を送っていました。そんなある日、人と携わる仕事がしたいと思い始め、最初は正直軽い気持ちで都島葬祭に入りました。ですが都島葬祭全社員の、お客様へ全力を尽くす思い、姿勢に感動し、気付けば入社した時の気持ちは消え、都島葬祭のコンセプトである「お客様第一義」という気持ちになっていました。人と人との間には、沢山の出会い、思い、感動という気持ちが生まれ、今こうしてお客様の為にと思う私がいるのも両親が出合い、この世に産んでくれたおかげです。全く同じ人生を歩む人は世界中を探しても誰一人としておらず、一人一人が誰かにとって大切な存在であると思います。人と人が別れる時、悲しみに溢れ、不安に押し潰されそうな気持で一杯になってしまいますが、そのお気持ちに隠れてしまった「本当のありがとう」で送り出していただけるように導くことが私の志事であると考えております。