大阪市で斎場をお探しの方へ

大阪市の斎場の種類について

「公営斎場と民営斎場の違いがよくわからない」「使用する際の制約や料金が異なるのであれば知っておきたい」というお声を伺うことがあります。今回は、大阪市において斎場をお探しの方へ、より納得いく斎場選びができるように、大阪市の斎場について詳しくご説明いたします。

1.大阪市の公営斎場について

斎場は「公営斎場」と「民営斎場」に大きく分かれます。

公営斎場とは各地の自治体が運営している斎場のことをいい、基本的にはその自治体の居住者のためにあるので、利用に関して制限が設けられています。

「○○斎場」「○○聖苑」という名前の斎場は、公営であることが多いです。また、火葬場のみ執り行っており、葬儀はあげることができないという施設もあるので注意が必要です。

メリット

「大阪市北斎場」は式場と火葬場を併用しており、火葬を行うほか、式場葬儀施設も設置し、お通夜にも利用できます。そのため、通夜・告別式から火葬までを1か所で行うことができますし、 故人または死亡届の届出人が、斎場を運営する大阪市の住民であれば、施設利用費や葬儀日程の面でも優遇されます。

さらに、大・中・小の式場があり、家族葬から一般葬まで幅広く利用が可能です。

デメリット

「公営斎場」を借りる場合の時間割は、午前、午後、夜間、深夜、の区切りになっているため、融通が利きにくいです。時間の変動が予想される場合、十分な枠を取っておくのが良いでしょう。

2.大阪市の民営斎場について

民営斎場とは誰でも利用可能な葬祭施設のことをいい、予約が空いていれば申し込むことができます。

 

メリット

葬儀業者が自ら保有している式場である場合、基本的にその葬儀業者のみが利用するので、葬儀を依頼すれば式場の予約がとりやすくなります。そのため、利用者が多くて数日待たされるという心配もありません。また、葬儀形態も自由に対応することができる場合がほとんどで、音楽葬・自由葬・無宗教葬のような葬儀も可能となります。

さらに、民間斎場では一日一組限定で葬儀を行うことができるため、家族、親戚や故人と親しかった友人とゆっくりお見送りすることができます。

デメリット

公営斎場に比べると式場費用が高くなることがほとんどなので、葬儀全体の費用も高くなります。民営での葬儀をお考えの際は、複数の葬儀社に見積をとって比較・検討することをオススメします。

3.斎場選びの3つのポイント

斎場選びのポイントは、主に以下3つに分けられます。ここではそれぞれのポイントごとに細かくご説明いたします。


①立地が良いか

葬儀を検討する際にまず決定すべきなのは、葬儀を行うエリアです。

これを決定する時の判断軸は複数考えられますが、喪主様のご自宅付近、故人様のご自宅付近、参列者様のアクセスしやすいエリア等々があげられます。その判断軸を定めたうえでエリアを定めて斎場の立地を確認しましょう。

②おもてなしの設備が整っているか

参列者の中に高齢者がいる場合は、バリアフリー機能が整備されているかということが肝心になります。参列者へのきめ細やかな配慮を心がけて、おもてなしの設備が整った斎場を選びましょう。

③適切な料金設定か 

葬儀全体の価格には斎場料金が大きくかかわっています。公営斎場と民営斎場では相場が異なるため、予算と照らし合わせて検討する必要があります。また、特に民営斎場では斎場料金が適切な料金設定になっているのか?複数社間で確認する事をオススメします。

大阪市で葬儀場をお探しの方は、「都島葬祭」

どの斎場を選んだとしてもメリットやデメリットがあります。その中で重要なのは、どのような葬儀にしたいか、また、故人様はどのような送られ方を望んでいたのかということです。

都島葬祭では、ご親族様の希望に寄り添った葬儀をあげられるようにサポートさせていただきます。是非お気軽にご相談ください。

都島葬祭お見積り・資料請求はこちら