大阪市旭区における葬儀の互助会と会員制度について

 

大阪市旭区における葬儀の互助会と会員制度について

最近では、「家族葬」や「一日葬」などの需要が急増しています。それでも、50万円~180万円近くの費用がかかるため、いざという時に大丈夫か不安を抱く方も多くいらっしゃるかと思います。

このような不安を払拭する為に、葬儀社では「互助会制度」や「会員制度」などがあります。今回は、その「互助会制度」と「会員制度」について詳しくご紹介いたします。

旭区の互助会制度とは?

互助会とは?

互助会とは、多額の費用がかかりやすいイベントである冠婚葬祭に向けて、毎月お金の積み立てが行える組織のことです。共済・保険と似ていますが、それらと異なるのは、積み立てた金額を現金ではなく、契約額に応じたサービスで受け取るという点です。

入会のメリットは?

葬儀の際、積立金の中から葬儀費用を一部補填することができるので、いざという時の安心感があります。また、結婚式や仏壇の購入時にも積立金を利用することができます。

さらには、飯田市の互助会制度を活用すれば、旅行先やレストランなどで割引サービスを受けられたりすることもできます。会員だけでなく互助会制度に入っていることで家族がサービスを受けられることも大きなメリットです。

入会する際の注意ポイントとは?

一番の注意ポイントは「解約する際に手数料がかかってしまうこと」です。中には、積立金の半分しか返金されないケースもあるといわれていますので、注意が必要です。

また、互助会で積み立てたお金は、実際に掛かる葬儀費用の一部に過ぎず、葬儀に掛かる全額をまかなえるわけではないので要注意です。希望する葬儀を行うために、数多くのオプションをつけなければならないケースがあり、近隣の葬儀の費用相場を上回る費用を請求される恐れがあります。

葬儀会社の会員制度とは?

互助会制度とは異なり、支払いは一度です。金額は、千円から3万円など葬儀社によって異なります。

会員に入会すると、葬儀費用が3万円~15万円程度割引されることが一般的です。葬儀社によっては、葬儀後に必要な物の割引・地域のお店の割引や定期開催イベント参加などの特典が設けられています。

入会のメリットは?

入会によって得られるメリットは上記で述べた通りです。

また、入会者限定配布の会報誌によって葬儀後に必要な情報が得られたり、葬儀社のスタッフへ何度でも相談しやすくなります。スタッフと日頃から接することにより、いざという時に安心感を持つことができます。葬儀から法要まで準備することがたくさんありますので、このようなサービスがあると心強いでしょう。

旭区で葬儀の会員に入会するなら

まとめると下記の通りになります。

・互助会:積立金の会員制度ー葬儀だけでなく結婚式にも利用可能

・会員制度:1回の支払いー基本的に葬儀の割引として利用可能+α会員特典  

都島葬祭では、葬儀の会員制度「コスモクラブ」をご用意いたしました。入会金のみでご家族やご親戚でも利用可能で大変お得な会員制度なので、是非ご活用下さい。

詳しくはこちらをご確認ください