1. トップページ > 
  2. ご葬儀に関する、よくあるご質問

ご葬儀に関する、よくあるご質問

よくあるご質問一覧

義理の父が危篤になった場合、嫁の立場ではどう振る舞うべきですか?
葬儀社など探しにくいのですが…。
危篤の段階で葬儀社に相談するのは今や当たり前のことです。しかし、「立場的に難しい…」ということであれば、あなたから、実の息子にあたるご主人に相談されてはいかがでしょうか。そのうえで、ご主人と一緒に下見に行かれるとよいでしょう。もしご主人がお忙しいようなら、義理のご兄弟など実子を交え、葬儀社に出向くのが無難でしょう。
母が病院に入院しています。臨終が深夜になってしまった場合はどうしたらいいでしょうか?
家族はできるだけ枕元に付き添ってあげましょう。もし臨終が真夜中になってしまった場合でも、病院によっては仮眠もできます。また、当社都島葬祭は24時間営業です。連絡してご遺体とともに自宅へ帰ることもできます。(Freecall:0120-012-191)
病院から自宅へ帰らず、直接寺院などへ行く予定があるにもかかわらず、寺院側が夜中にご遺体を受け入れられない場合は、一時的にご遺体を病院で預かってもらうことになります。大半の病院には遺体保冷庫がありますので、そこで安置してもらい、家族はいったん帰宅して、翌朝、病院でご遺体を引き取って寺院へ出向くこともできます。
遺体を寝かせた布団は使用後どうしたらよいのでしょうか?
処分するのが一般的です。ご遺体を布団に安置する時ドライアイスを使用するので、布団に水が染みてしまい使い物にならなくなります。また、心情的にも「その後も利用する」という方はほとんどいらっしゃらないようです。しかしお葬式の後すぐに、布団を「ゴミ」扱いにして家の外に置いておくのはご近所の目も気になるでしょう。一度、都島葬祭まで相談ください。
「エンバーミング」という言葉をよく耳にします。どういう意味ですか?
エンバーミングとは、国際的に普及している遺体処置の方法のことです。体内を固定し、殺菌して公衆衛生上安全な状態にすると共に腐敗を止める、長期の闘病生活で失われたお顔のふくよかさや、事故で負われた傷跡を復元し、美しくすることにより、遺族の悲嘆の心情を和らげ、遺体とのゆとりあるお別れを実現できる効果が望めます。事故・災害遺体や解剖後の遺体の修復において必要性が高まっている遺体処置方法です。
起源は、南北戦争(1865年)にさかのぼり、戦死者の遺体をそのまま遠隔の郷里に移送する必要性から一挙に普及したといわれています。現在では約90%の遺体にエンバーミングが施されているほか、北欧・英国でも広く普及しています。
資料請求はコチラ
メールでお問い合わせ
  • 資料請求
  • 火葬プラン
  • 一日葬プラン
  • 家族葬プラン
  • 家族葬プラン
大阪市内に4ヶ所ある!お葬式相談ルーム
コスモール都島
➊大阪市都島区
コスモール都島本通
➋大阪市都島区
コスモール北
➌大阪市北区
コスモール旭
➍大阪市旭区
  • お客様の声

    お客さまの声

  • お客様の声動画
  • このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

    Adobe Flash Player を取得

  • 遠方にお住まいの方へ
  • 広告用大型ビジョン
  • お急ぎの方へ
  • 60分でわかる「家族葬」ってなに?
  • シゴノ、シゴト。
  • コスモスクラブ入会のご案内
  • 社会貢献活動
  • 当社関連サイト
  • コスモスクラブ

このページの上まで戻る